いつか見た海


by blog_lamer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Fremme( 26 )

すみれの花咲く頃


春すみれ 咲き 春を告げる ・・・

暢気に鼻歌で
ステッチをはじめたところに、
夫から転勤内示の知らせがありました。

そろそろ?という
心の準備は出来ていたはずでしたが、
いざとなると、いろんな気持ちが入り混じってくるもので・・。
動揺していたせいか、今日は、ピアスを片方
付け忘れて外出していました。

はー。深呼吸しておちつかなければ。

早速、新居等決めないといけない事や
引越し手続き等、やるべき事が一気に押し寄せてきます。
転勤族の定めとはいえ・・慣れないものだなぁとしみじみ。


d0195716_22391485.jpg


しばらく、ブログの更新も滞りそうですが
不定期ながらも、またひょっこりと現れて
日々のこと記していきたいと思っています。





「クロスステッチで描く花図鑑」より
    スミレ 
 Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2014-03-18 22:48 | Fremme | Comments(2)

CHRISTMAS TREE



またまた
ちっちゃいモチーフ。

ひとめ惚れのチャートです。


d0195716_1303352.jpg


クリスマスに間に合うかどうか
という中途半端なタイミングでしたが、
滑り込みセーフ。

出来上がってみると
見本のイラストの色とは違うような気が・・





Haandarbejdets Fremme
30-5595 ca.13×13cm
CHRISTMAS TREE
Design:HF


来年は「クリスマスカレンダー」も刺したいな。
[PR]
by blog_lamer | 2013-12-25 13:02 | Fremme | Comments(0)

JULEPLANTER ④



d0195716_17553317.jpg



植物たちが勢揃いしました。

上の3つは何の花でしょうか。
何となく見たことはあるのですが、名前が浮かんできません。
「冬の植物」で画像検索してみると、
右上は、カランコエ。(たぶん)
左上の植物は、サイネリアのようでもあり
プリムラのような気もします・・。
真ん中は、ジャコバサボテン?

正確にはわかりませんでしたが
まぁ冬の花だろうという雰囲気で楽しみたいと思います(*゚o゚*)

あと、枠のステッチと額装の予定です。
といってもフレーム探しがまだなので、
先に、クリスマスものの
ちっちゃいのをもう1つ刺そうかと迷い中です。





Haandarbejdets Fremme
30-6269 ca.16×21cm
JULEPLANTER
Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2013-12-20 17:56 | Fremme | Comments(2)

JULEPLANTER ③



ポインセチアが現れて
だいぶん華やかな雰囲気になりました。


d0195716_1339145.jpg


昨年の冬、天海祐希さんが出演されていたドラマで
毎回テーマとなる花と
その花言葉がピックアップされていたのですが、
なかでもポインセチアの花言葉は印象的で
ずっと心に残っています。

ポインセチアの花言葉 「あなたの幸せを祈る」

素敵なフレーズだなぁと思いました。

こんな素敵な花言葉だったんだ?と
改めて調べてみると、
従来のポインセチアの花言葉は
 「祝福する」「私の心は燃えている」
 「聖なる願い」「清純」 

あなたの幸せを祈る というフレーズは
ドラマチックに演出されたものだったのでしょうか。

内容自体については、
いくつか腑に落ちないところがあるドラマでしたが☆
心に残るセリフも多かったです。
造園プランナー役の天海さんの部屋のインテリアや
花いっぱいの中庭を興味津々で観ていました。

クリスマスの代名詞のようなポインセチア。
でも、原産地がメキシコのポインセチア
実は寒さに弱いんですよね。
好きなので育ててみたいと思いながら、
枯らせてしまいそうで手を出せずにいます。





Haandarbejdets Fremme
30-6269 ca.16×21cm
JULEPLANTER
Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2013-12-12 14:54 | Fremme | Comments(4)

JULEPLANTER ②



12月に入り、花屋の店先では
赤、白、ピンクの色鮮やかなシクラメンや
ポインセチアの鉢植えを
たくさん見かけるようになりました。

冬の空の下で
光を浴び生き生きと咲いている花々に元気をもらって、
家でのステッチもテンションupです。


d0195716_1643111.jpg


チューリップの次は、
ヒイラギとシクラメンを刺しました。

ヒイラギの葉っぱの尖ったところとか
赤い実の付き方など、とてもリアルで感動したり、
こんなにちっちゃくても(各約5cmです)
ちゃんとシクラメンの姿なので驚いたり。

仕上がりはともかく、
可愛い植物たちの姿にうっとりしながら
針を持っています。

次は、ポインセチアのステッチです。





Haandarbejdets Fremme
30-6269 ca.16×21cm
JULEPLANTER
Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2013-12-06 16:46 | Fremme | Comments(2)

JULEPLANTER ①



d0195716_1125169.jpg




クリスマスに向けて、
小さな鉢植えのステッチをはじめています。
あまりに可愛い小さな花々に
心のなかでキャーキャー言いながら。

これからの時季を彩る
可愛い植物たちが勢揃いする予定です。





Haandarbejdets Fremme
30-6269 ca.16×21cm
JULEPLANTER
Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2013-12-03 11:03 | Fremme | Comments(0)

キャンドル大好き




灯が恋しい季節になりました。



d0195716_1095117.jpg



赤と緑の
クリスマスの色見本のような配色に
ウキウキしながら、一気に仕上げました。

ふと我に返ると・・、肩こり がっちがち。





Haandarbejdets Fremme
30-6225 ca.9×12cm
JULENS LYS
Design:IDA WINCKLER
[PR]
by blog_lamer | 2013-11-22 13:54 | Fremme | Comments(2)

フレメ1周年



・・・なーんて
大げさなタイトルにしてみましたが。

はじめて花糸を手にして
ドキドキわくわくしながらステッチした
「ツリーを運ぶニッセさん」。
あれからもう1年。
はやいものです。


d0195716_13175912.jpg


さて、今日は再び
小さなニッセさんの登場です。

昨年、注文のタイミングがずれてしまって
クリスマスに間に合わなかったチャートの中から☆





Haandarbejdets Fremme
30-6196 ca.9×12cm
JULEFRED
Design:IDA WINCKLER
[PR]
by blog_lamer | 2013-11-18 13:19 | Fremme | Comments(4)

季節はずれの



5月にを手にした時、
ページを開いてすぐ目に飛び込んできた
ゲルダさんのポピー。
ひょろりんとした姿や、赤い色が可愛くて
早速これから!と布と糸を準備したまま・・・
10月になっていました。


d0195716_1457222.jpg


久しぶりに手にする花糸にすっかり癒されて。
小さなモチーフなのであっという間でしたが、
楽しかったです。


d0195716_14572686.jpg


あまり使わない枠に入れて
このまま壁掛けにしてしまおう。





「クロスステッチで描く花図鑑」より
ポピー ca.16×16cm 
Design:GERDA BENGTSSON
Haandarbejdets Fremme





---------------------------------------------



d0195716_14584613.jpg




秋は何処へ?
振り返す夏日、梅雨のような湿気。
気まぐれな天候に翻弄されっぱなしの数週間。
ようやく落ち着いたかと思ったら
また台風が・・。

それでも、ポストには早くも
年賀状の予約リーフレットが入っていました。



d0195716_1459750.jpg



こちらは、先月撮ったヒガンバナ。
黄色のヒガンバナ、はじめて見ました。
[PR]
by blog_lamer | 2013-10-15 15:01 | Fremme | Comments(4)


サンプラー「織機とミシン」
完成しました。

GWを挟んで、
ゆっくりゆっくりしすぎて
1ケ月近く経ってしまったけれど。
可愛い道具がいろいろ、楽しかった!


d0195716_2230291.jpg


はじめてのプチポワンも
(左上のシンブル)
なんとか無事に?刺し終えました。

「プチポワン 刺し方」で検索、また検索。
いろんなサイトで勉強させて貰った後、
自信は無くとも突き進んでみました。

プチポワン(petit point)という技法は
18世紀にオーストリアで誕生したそうです。
布の織り糸を数えながら刺すところは
クロスステッチと同じですが、
大きく違うのは、ステッチの針目の細かさで
針目が細かい分
刺し上がりもより緻密で美しくなるそうです。

あぁでもない、こうでもないと
ぐるぐるまわってたどり着いたのは、
プチポワン=テントステッチということでした。

テントステッチは
慣れてしえば楽しそうですが、
こんな小さなシンブルでも
刺しても刺してもなかなか進まなくて。
刺し間違いなどしたら
ほどくのは大変だろうなーと思いつつ、慎重に
刺し終えたら目がショボショボでした。笑

こんな小さなチャートから
ほんのちょっと世界が広がったような。
清々しい気持ちで2013を入れました。





Haandarbejdets Fremme
30-2613 ca.21×22cm 
Sampler, Web And Sewing Machine
Design:GERDA BENGTSSON
[PR]
by blog_lamer | 2013-05-20 22:31 | Fremme | Comments(6)